TEL024-534-6101
文字サイズ
Japanese Red Cross Society

循環器・末梢血管病センター

  1. HOME
  2. ご利用のお客さまへ
  3. 専門治療
  4. 循環器・末梢血管病センター

循環器センターとは

新病院より新たに循環器センターが3階にオープンします。循環器疾患中心の入院病棟で循環器内科患者と心臓血管外科入院患者が同じセンターに入院します。センター化することで病棟スタッフ、コメディカル、パラメディカルも含めより専門化し患者中心の医療が可能になります。さらにHCU, 救急病棟, 手術室、アンギオ、IVRセンターと1フロアで繋がっており急変時にすぐ移動ができいままでより迅速な治療が可能です。また、心臓リハビリ室が病棟内新設され入院後できる限り早期より心臓専門のリハビリを行い早期社会復帰をめざせるようになります。さらにハートチームカンファランスで常に至適な医療をチームで考えながら施行するチーム医療を実践しています。すべての病室は北西を向いており、広い窓から福島市、吾妻連峰が見渡せ心を和ましてくれます。

末梢血管病センターとは

福島赤十字病院の末梢血管センターは、日本脈管学会認定の研修施設となっており、腹部大動脈から四肢末梢におよぶ動脈血管病変に重点を置いた診療を行っています。高齢化社会の進行に伴い動脈硬化性疾患の有病者が増加していることに対し、迅速かつ適切な診断にもとづく最善の治療を提供していくことを目的にしています。
静脈病変として静脈瘤・静脈血栓症にも対応しています。

主な病気について

動脈病変とは

主に動脈硬化に起因する血管病変で

  • 拡大変化から破裂に至る動脈瘤
  • 狭窄や閉塞変化で臓器虚血から壊死に至る閉塞性動脈硬化症

の大きく分けて二つの相反する疾患があります。

動脈瘤とは

一番頻度が多い動脈瘤は腹部大動脈瘤であり、破裂に至ると救命率はおおよそ20%と非常に致死率が高い怖い病気です。治療法としては従来から行われている開腹にて人工血管に置き換える人工血管置換術と近年広く行われるようになった開腹せずにカテーテルを用いて血管内に人工血管を挿入留置するステントグラフト内挿術があります。それぞれの手技には利点と欠点があり患者さんの全身状態や動脈瘤の形態、年齢に応じて最良の方法を選択し手術を行います。

実績 (2001年4月~2018年10月末まで)

腹部大動脈の人工血管置換術・バイパス術205例、ステントグラフト内挿術23例

閉塞性動脈硬化症とは

動脈の狭窄や閉塞のために血流が減少し臓器の酸素・栄養不足をきたし症状が出ます。典型的な症状としては歩行時の下肢血流障害にて歩行困難をきたす間欠性跛行と呼ばれる病態です。重症化すると安静時にも痛み・しびれ・冷感をきたし、筋肉壊死や皮膚壊死、それに伴う感染症まで進行した場合切断が必要となります。下肢の切断はその後の生活に支障をきたすことが多く、クオリティーオブライフを考えるうえで問題があります。治療法としては血管内治療とバイパス手術があります。これも病変の状態や部位に応じて適切な治療法を選択する必要があります。最近は血管内治療とバイパス術を組み合わせたコラボレーション手術も増えてきており、血管外科ならではの手技と言えます。また、四肢末梢病変に対するバイパス手術は難易度が非常に高く手技も複雑であり、現在福島県内で行っている施設は限られておりますが、当科では手術症例も多く充分対応が可能です。

実績 (2001年4月~2018年10月末まで)

四肢のバイパス手術229例、血管内治療165例

主な治療について

腹部の大動脈瘤を切除し人工血管で置換後、閉塞性動脈硬化症で狭くなった腸骨動脈内に血管内治療でステントを留置し、さらに両側の大腿動脈の狭窄・閉塞病変に対し人工血管でバイパスを行っている。血管外科ならではのコラボレーション手術。

腹部の大動脈瘤に対し、開腹せずにカテーテルを用いて血管内治療で人工血管を挿入留置している。本来であれば開腹し人工血管で置換するのが確実ですが、長高齢者や全身状態の悪い患者さんで手術侵襲を抑えたい方に適しています。

閉塞性動脈硬化症による骨盤内の腸骨動脈狭窄と大腿・膝窩動脈の閉塞に対し、血管内治療で腸骨動脈内にステントを留置し血流改善を図った後、人工血管ではなく自家静脈を使用し大腿部から膝関節を超えて下腿の動脈にバイパスしています。これも血管内治療とバイパス手術のコラボレーション手術です。

膝関節は屈曲運動を行うため人工血管は不適切であり自分の静脈を採取し、バイパスを行う必要があります。膝関節を超えた下腿へのバイパス手術を行っている施設は県内を含め東北地方でも非常に限られており、当院血管外科の強みです。