看護部部署紹介

本館3病棟

看護師のイラスト 重症・救急患者対応の病床12床、有料個室13床、HCU6床の計31床の病棟です。
 病院の「救急入院の患者さまをスムーズに受け入れる」という方針のもと、急性期・重症期の全科の入院患者さまに看護師・医師・他職種が協働して対応しています。
 患者さま・ご家族の皆さまが少しでも安心して入院生活が送れるように看護を提供しています。

 

本館4病棟

廊下

 内科・消化器内科・循環器内科・小児科の患者さまが入院しています。
 急性期から慢性期看護、そして緩和ケアなど幅広い看護を提供するため、部署内研修や勉強会を行っています。
 「退院支援」の取り組みも積極的に行っており、医療相談室と連携し、他職種カンファレンスを行っています。
 また地域の方々と退院前合同カンファレンスを数多く行い、患者さまが安心して住み慣れたご自宅や地域へ退院することができるように取り組んでいます。

 

1号館2病棟

看護師のイラスト  消化器外科・呼吸器外科・心臓血管外科の周手術期看護を中心に行っています。
術前から呼吸リハビリや口腔ケアを行って肺炎予防に取り組んでおり、早期回復ができるように支援しています。 気胸や腸閉塞などの緊急入院の受け入れもしていますので、患者さまとご家族の皆さまの思いを大切にしながら、苦痛を和らげ、安心して入院生活が送れるように支援しています。
 手術によって人工肛門を造る患者さまには、ストーマリハビリテーション講習会で学んだスタッフが、術前から患者さまが自分でできるようになるまで支援しています。
 化学療法で入院される患者さまも多く、栄養課・薬剤部・化学療法室と連携しながら、患者さまやご家族の皆さまに寄り添える看護を目指しています。

1号館3病棟

 股関節・大腿骨・膝関節などの人工関節置換術や転倒による骨折、交通外傷などで手術を目的とした患者さまが多く入院している整形外科病棟です。
 患者さまが、手術前から退院まで安心して回復できるように支援しています。
 また患者さまの自立に向けて、多職種と連携しながら生活リハビリにも力を入れています。
 退院支援では、地域連携パスを活用した転院を積極的に行い、地域完結型医療を目指しています。

1号館4病棟

廊下 肺炎・糖尿病・肝臓病等の内科疾患や消化器疾患の内視鏡検査治療を受ける患者さまが多く入院しています。
 患者さま、ご家族の皆さまが、安心して治療が受けられるような看護ケアに努めています。また患者さまに対しては、入院時から退院後の生活を視野に入れた対応を心がけています。
 患者さまの退院支援・緩和ケアなどのカンファレンスを行い、心あたたまる安全な医療が提供できるようにスタッフ一丸となって取り組んでいます。

 

2号館2病棟

 任意入院と医療保護入院形態をとっている精神科の閉鎖病棟です。
 特に、近隣の精神科病院から身体合併症の治療を目的とする患者さまを多く引き受けています。
 当院は、平成26年に「福島県認知症疾患医療センター」の指定を受けました。病棟では、認知症患者にも対応できる入院環境の整備にも力を入れています。
 また、SST(社会生活技能訓練)や音楽療法、集団精神療法、退院前訪問看護、退院後の外来訪問などをチーム活動として積極的に行っています。

2号館3病棟

看護師のイラスト婦人科・産科・新生児を対象とし、外来から入院まで一貫して医師・助産師・看護師・看護補助者のチームで医療・看護を提供しています。
 婦人科においては、入院生活や治療について患者さまの思いを傾聴しながら、日常のケアに活かしていけるように看護レビュー(患者さまとともに振り返る)を行っています。
 産科では、妊娠・出産・育児という女性の生涯の中でも大きな節目に立ち合わせていただく者として、赤ちゃんとご家族の皆さまとの幸せな出会いをサポートし、満足したお産ができるように援助させていただいています。また、助産師が「命の大切さ」をテーマに、小・中・高等学校で出前授業を行っています。

3号館4病棟

 脳神経外科では、平成17年度から脳卒中センターを開設し、脳卒中の患者さまを受け入れ、手術・血管内治療など急性期の治療を行っています。神経内科は平成25年度に新設され、難病や脳疾患の薬物療法を行っています。耳鼻咽喉科では、手術および薬物療法を行い、小児の患者さまも入院しています。
 どの診療科も緊急入院が多く、突然の発症に不安を抱いている患者さまやご家族の皆さまに対して、少しでも安心して治療が受けられるように配慮しながら看護を提供しています。これまで普通に出来ていた日常生活に、人の手を借りなくてはいけなくなってしまう患者さまもいますので、出来る限り安全に、そして快適に過ごしていただけるよう心がけています。
 病棟スタッフは、患者さまの小さな良い変化に気づいた時、喜びを共有しています。 そのことがスタッフのやりがいにも繋がっています。また看護師は医療チームの一員として、リハビリスタッフや栄養士、薬剤師、社会福祉士など様々な職種と協力し合い、患者さまやご家族の皆さまの意見を取り入れながら早期退院を目指しています。

手術室・中央材料室

スタッフ 当院では、8診療科の手術を年間2,000件ほど行っています。
 平成26年度からは開心術や腹腔鏡下大腸手術についても行っており、これらの手術に対応するために他施設で研修を行い、知識・技術を習得し実践しています。
 麻酔科外来は手術室の看護師が担当しており、周術期を通して患者さまに寄り添う看護を目指しています。
 また手術室でもプリセプターシップを導入していますので、新しく配属になった看護師への教育を行い、ともに成長できる教育体制をとっています。
 中央材料室では、手術室で使用する器材や外来・病棟の診療で使用する器材の洗浄・滅菌業務を行っています。各部署それぞれが業務を滞りなく実施できるよう滅菌物の供給を行っています。

外来

看護師と子どものイラスト 外来では、患者さまやご家族の皆さまが、当院に来て良かったと思っていただけるような「心あたたまる看護」を目標に、安全で安心できる外来看護が提供できるように心がけています。
 外来化学療法室、ストーマ・スキンケア外来、禁煙外来、緩和ケア外来は、各領域の認定看護師が担当しています。また、平成26年度から開設した「もの忘れ外来」では、専従の看護師が対応しています。看護外来では、安心して治療が受けられるように相談に応じながら、専門性の高い看護を提供しています。
 救急センターでは、内科、外科、整形外科、小児科等の二次救急対応をしております。脳卒中センター・循環器センターにおいては、24時間365日救急患者を受け入れ、急患対応をしています。

トップページ