現任教育(キャリア開発ラダー)

キャリア開発とは

看護職それぞれが自分なりの目標を持ち、実践できるように支援するしくみです。

赤十字のキャリア開発ラダーの目的

  1. 赤十字の理念に基づいた「赤十字看護師の看護実践能力」の到達目標をレベル別に明示し、その到達目標を目指すことにより、質の高い看護や医療を提供でき、また赤十字事業の推進者となる看護師の育成を図ります。
  2. 新人の時期から生涯にわたり、継続的に自己研鑽を積むことができる研修支援体制も含めたしくみの導入により、看護師の能力開発の動機付けを促進し、職務満足の向上を推進します。
キャリア開発ラダー

現任教育プログラム

看護実践

研修名 対 象 ねらい
各科疾患看護の基礎
 ・呼吸器
 ・循環器
 ・腹部外科
 ・整形外科
 ・脳外科
レベル1 各科の基本的な疾患と看護実践に必要な基本知識を学ぶ
専門領域看護
 ・緩和ケア
 ・感染管理ケア
 ・ストマ・創傷ケア
レベル2 各領域の専門的知識を習得し、看護実践に活かす
認定看護師が企画、コースに分けて研修

マネジメント

研修名 対 象 ねらい
固定チームナーシング 全看護職員
各部署のチーム活動の工夫や小集団活動についての発表
看護補助者 看護補助者による小集団活動の発表
リーダーシップ レベル2〜3 チームリーダーの役割と課題について学びグループワークで共有する
新人指導者研修 1〜5 レベル2〜3 各病棟の新人教育体制(プリセプターシップ)の役割ごとに
情報の共有や支援についての話し合い
ケースレポート研修 3年目 ケースレポートの書き方について学び、
実際に受け持っているケースをまとめ、発表

研究・教育

研修名 対 象 ねらい
固ケースレポート研修 3年目 ケースレポートの書き方について学び、実際に受け持っているケースをまとめ、発表
看護研究 全看護職員 看護の専門性を高め、看護ケアの向上を目指す
看護倫理1 レベル1 看護倫理の基本的な考え方を事例を通して学ぶ
看護倫理2 レベル2 事例を通し臨床における看護倫理についての学びを深める
看護倫理3 レベル3
看護補助者研修 看護補助者 看護チームの一員としての自覚をもち役割を果たす
キャリア開発ラダー研修 全看護職員 キャリア開発ラダーの認定の推進

赤十字

研修名 対 象 ねらい
赤十字概論 全看護職員 キャリア開発ラダーの認定の推進
災害看護 全看護職員 「救護員としての赤十字看護師」の育成を図る
登録・任命されるために必要な知識・技術・態度の習得
救護看護師養成 3年目以上

トップページ